Quantcast
Channel: kazukunの神出鬼没
Viewing all articles
Browse latest Browse all 271

ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅第15弾米沢~大間崎 4日目②〔さとう珠緒〕

0
0

kazukunの神出鬼没-タイトル

ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅
            第15弾 米沢~大間崎 4日目②


 太川陽介さん・蛭子能収さんの名コンビに毎回マドンナと呼ばれる女性ゲストの3人で、行き当たりばったりな旅をするのがテレビ東京系『ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅』。

 番組再録8回目をお届けします。1回目はこちら→http://ameblo.jp/bsrs/entry-11613093059.html 2回目はこちら→http://ameblo.jp/bsrs/entry-11615929345.html 3回目はこちら→http://ameblo.jp/bsrs/entry-11617310872.html 4回目はこちら→http://ameblo.jp/bsrs/entry-11618461138.html。5回目はこちら→http://ameblo.jp/bsrs/entry-11619867931.html 6回目はこちら→http://ameblo.jp/bsrs/entry-11620081287.html そして7回目はこちら→http://ameblo.jp/bsrs/entry-11620613458.html

 2013年8月31日に放送された第15弾の映像は↓↓。

 「ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅 第15弾 米沢~大間崎」


 何時削除されてもいいように、しっかり記憶にとどめておいて下さい。

 以下ネタバレを含みますのでご注意を!!
























































































kazukunの神出鬼没-十和田バラ焼ランチ

 次のバスを待つ間十和田市民に愛されるB級グルメ、十和田バラ焼ランチでお腹を満たします。

kazukunの神出鬼没-バラ焼

 管理人は食への興味はサッパリ。皆さんはこの料理、御存知でしたか?

 詳しくは「十和田バラ焼ゼミナール」というHPを参照して下さい。

 続いては七戸に向かいます。

kazukunの神出鬼没-焼山 七戸

 このバスの座席、なんとリクライニングシートなのです。

kazukunの神出鬼没-初めて

 背もたれが倒れるのは、路線バスの旅では初めて。

 先程昼食をたらふく食べた蛭子さん、こんな座席では心地良くて絶対寝ちゃいます。

kazukunの神出鬼没-蛭子さん 寝ちゃう

 ここで珠緒さん、七戸から野辺地行きのバスを心配してます。

 この路線、2年前には確かにありました。珠緒さんは真剣です。

 珠緒「(ゴールに)行けるかなぁと思って急に」

 蛭子「いくよ!」

 珠緒「くるよ!」

kazukunの神出鬼没-いくよ くるよ

 太川「あんたらいいコンビだねぇ!」

 珠緒さん真剣な顔つきだったのに、いつの間にか蛭子さんと漫才コンビに(笑)。

kazukunの神出鬼没-エビス&エビ子

 太川「(エビス&エビ子で)売り出したら?」

 焼山から七戸十和田駅へはおよそ1時間。到着したのは午後2時過ぎ。

kazukunの神出鬼没-七戸十和田駅

 野辺地行きは15時。

kazukunの神出鬼没-15時

 松島から竜飛岬を目指した時も乗った、まかど温泉行きのバス。

kazukunの神出鬼没-十和田観光電鉄

 廃線になってなくて良かったです。

kazukunの神出鬼没-七戸十和田 野辺地

 いよいよ下北半島の玄関口・野辺地(のへじ)へ。

 蛭子「俺の予想では野辺地からむつ行きは、直接あるとみた!」

 明るい未来を信じましょう。

 太川「もし5分でも野辺地で乗り換えの時間があったら、(駅前の)食堂に行って前回のお礼言っとこうね」

kazukunの神出鬼没-前回のお礼

 第6弾で野辺地に寄った時に、大変お世話になった食堂が駅前にあるのです。

kazukunの神出鬼没-4時間休憩

 蛭子さんはすっかり忘れているようですが……。

 野辺地に到着しました。時刻は午後3時半。

kazukunの神出鬼没-野辺地 むつ行き

 蛭子さんの予想通り、野辺地からむつ行きのバスはありました。

 しかし17時30分発とは。

kazukunの神出鬼没-野辺地 17時30分

 むつ到着は19時01分。この時間だと大間崎へはかなり厳しい状況です。

kazukunの神出鬼没-むつ着 19時01分

 時間はたっぷり余裕があるので、お世話になった松浦食堂へ。

kazukunの神出鬼没-松浦食堂

 再び松浦食堂にお邪魔すると大歓迎!!

 壁には写真が貼られてます。第6弾のマドンナは山田まりやさん。

kazukunの神出鬼没-壁の写真

 蛭子さんは此処でずっと寝てました。

 「みんな見ろー!」

kazukunの神出鬼没-アルバム

 3人に前回のアルバムを見せます。

 珠緒「何この写真!」

kazukunの神出鬼没-何この写真

 太川「ほとんど流れ着いた死体だね」

 お世話になった方との再会は、嬉しいものです。

 太川「バス停で見たら5時半発なのね、むつに行くのが」

kazukunの神出鬼没-5時半

 太川「それまでないんですか? むつに行くバスは」

 お店の方に尋ねると、どうやら青森から来るバスがあるみたい。

 「駅前の方を見たんでしょ?」


 蛭子「いくつもあるの、バス停が?」

 続く。

七戸十和田駅
 蛭子能収ら3人は七戸十和田駅に到着。バスに乗り込み、下北半島の玄関口・野辺地を目指した。太川陽介は、「野辺地から目指すのはむつ。むつからしか大間崎には行けない」と話した。

野辺地駅
 蛭子能収ら3人は野辺地駅に到着。むつ行きのバスは17時30分。現在15時30分のため、ここへきてまさかの2時間待ち。以前も太川陽介と蛭子能収が待ち時間に利用させてもらった松浦食堂を訪れた。


 ↓都会と違って、終バスが早いローカル路線バス。午後7時に到着ではその先へは一歩も。でもかすかな光が見えてきました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

Viewing all articles
Browse latest Browse all 271