Quantcast
Channel: kazukunの神出鬼没
Viewing all articles
Browse latest Browse all 271

ポール・マッカートニーとキース・リチャーズ〔プリーズ・プリーズ・ミー〕

0
0
kazukunの神出鬼没-ポール キース 表紙

ポール・マッカートニーとキース・リチャーズ

 ポール・マッカートニーとキース・リチャーズという、珍しいツー・ショットを御覧頂きました。

 あまり接点がないように思われるこの二人ですが、一緒に曲作りをしていたとは初耳でした!!

 キースの自伝『Life』にはこう記されています。それは2005年にまで遡ります。

 ドミニカ共和国の北、タークス・カイコス諸島・パロットキーに滞在していたキース。

kazukunの神出鬼没-ドミニカ共和国


kazukunの神出鬼没-ホテル パロットキー


kazukunの神出鬼没-パロットキー ホテル



大きな地図で見る

 彼の許へひょっこりやって来たのが、ポール・マッカートニーでした。

 ポール「ああ、ちょっと寄ってみただけだ。迷惑でなけりゃいいんだが。電話もしないで悪かった」

 アクセスが不便な著名人の隠れ家的場所なので、“ちょっと寄ってみただけ”は無理がありますけど(笑)。

 キース曰くポールとはあまり親しくはなかったので、会う時間が出来たのは嬉しかったのだとか。

 ジョンとは気心が知れてたし、ジョージとリンゴともそうだったが、ポールとはあんまりいっしょに過ごしたことがなかったからな。会う時間ができて、俺もあいつもすごく嬉しかった。たちまち意気投合して、昔のことを話し、ソングライティングの話をした。ビートルズとストーンズとの違いみたいな、不思議なくらい率直な話もした。

 ビートルズは全員がリードボーカルをやれるからボーカル・バンドで、ストーンズはどっちかといえば楽器弾きのバンドだ、みたいな。ストーンズにフロントマンは一人しかいないからな。自分は左利きだから、ジョンとはあわせ鏡のようにギターを弾けた、とあいつは言う。それで二人して、その形で弾き始めた。いっしょに作曲にまでとりかかった。マッカートニー/リチャーズのナンバーだ。その歌詞は何週間も壁にピンで留めてあった。


(キース・リチャーズ自伝「ライフ」より)


 その時キースがポールにリクエストしたのが、ビートルズ・ナンバーの「プリーズ・プリーズ・ミー」。

 この曲、どうやらキースのお気に入りみたいで(主に作ったのはジョンですが)。

 キースが歌った「プリーズ・プリーズ・ミー」をまずはどうぞ。

 「プリーズ・プリーズ・ミー」 キース・リチャーズ


 オリジナルとは似ても似つかない、「プリーズ・プリーズ・ミー」でした。

 ポールはキースのリクエストに応えてます。

kazukunの神出鬼没-the space within

『ライヴ・イン・ザ・US 2005~ザ・スペース・ウィズイン・アス~』

kazukunの神出鬼没-the space within 02

 「プリーズ・プリーズ・ミー」 ポール・マッカートニー


 ステージでは自ら書いたナンバーばかりだったポールに、ジョンの曲を歌わせたキース。

 今年ジョン色の濃い「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」が歌われたのは、「プリーズ・プリーズ・ミー」で免疫が出来ていたからかもしれません。

 「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」
   ポール・マッカートニー



kazukunの神出鬼没-ポール キース 3ショット


おまけ

 ジョージ・ハリスンとミック・ジャガーが写真に収まっているのも、これまた珍しいったら。

kazukunの神出鬼没-ミック ジョージ

 ビートルズという大きな魚を逃したデッカ・レコードに、ストーンズとの契約を推薦したのはジョージ・ハリスン。

 ストーンズのセカンド・シングルは、レノン=マッカートニー作の「彼氏になりたい」です。

kazukunの神出鬼没-彼氏になりたい

 「彼氏になりたい」 ローリング・ストーンズ


 未完成だった「彼氏になりたい」を、ストーンズの目の前で仕上げたジョンとポール。

 これがきっかけとなり、ミックとキースが曲作りに励むようになったのだとか。

 パロットキーで書かれたというマッカートニー=リチャーズ作品、レコーディングされたという話はまだ。いったいどんな曲なのでしょうね?

 ↓ 数年前の再オープン以来、「パロット・ケイ・バイ・コモ(Parrot Cay by COMO)」は新聞のゴシップ欄の舞台そのもの。ファッション界(ドナテラ・ヴェルサーチやケイト・モス)、音楽界(ポール・マッカートニー)、そして映画界(ジュリア・ロバーツ、ブルース・ウィリス、マット・デイモン、ケイト・ウィンスレット)の著名人で混み合っています。客室は、東南アジアを取り入れた軽快なインテリア。チークの四柱ベッドにモスリンの蚊帳という組み合わせは南国ムードたっぷりです。またテラスのバリ風ハンモックは見るからに昼寝に最適。プライバシーが重要なら、専用プール付きの2ルーム型バンガローがお奨め。バトラーサービスもあるので部屋から出たくなくなるでしょう。

 ルームキーに付いている金のイルカのキーホルダーもキュートですが、最大の魅力はアジア風のスパ「Shambhala Spa」でしょう。環境にやさしいニューエイジのアメリカンスタイルが特徴で、バリのリゾートよりも豪華な雰囲気です。花を浮かべた鉢やチーク材のお風呂に浮かぶ蓮の花びらに、心も体も癒されます。最も人気のトリートメントは、結婚式前の新婦のためのジャワ式美容法「Royal Lular Bath」です。エステ以外にも美容や健康の専門家が揃っています。

 まさに隠れ家といった趣ですが、そのせいか道のりはとても遠いので覚悟してください。飛行機を2便、ボートを2度乗り継ぐので荷物は最小限に。近隣の人の住む島までボートで45分も離れており、お客といえばひっそりと過ごしたい人々ばかりなので、旅の道連れは必須でしょう。また虫除け対策も万全に。この島はかつて「モスキートケイ」(蚊の島)と呼ばれていました。ホテルでは、アフリカ菊から作った強力な天然殺虫剤を毎日散布していますが、それでも蚊はいなくなりません。

 蚊が多い場所はちょっと……。キースは少なからず刺されているのでしょうね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

ライヴ・イン・ザ・US 2005~ザ・スペース・ウィズイン・アス~ [DVD]/ポール・マッカートニー

¥4,900
Amazon.co.jp

Viewing all articles
Browse latest Browse all 271

Latest Images

Trending Articles





Latest Images