Quantcast
Channel: kazukunの神出鬼没
Viewing all articles
Browse latest Browse all 271

サブブログ 「ビートルズ解散後のP・マッカートニー」 最終結果発表〔ウイングス〕

0
0

来日記念雑誌

10月のサブブログ『kazukunの神出鬼没 2』は、
   「ビートルズ解散後のポール・マッカートニー特集」

    http://ameblo.jp/bsrsbsrs/

 音楽ブログ版日めくりカレンダー、『kazukunの神出鬼没 2』。

 10月の特集は、「ビートルズ解散後のポール・マッカートニー」。

 11月の来日公演に便乗してみました。

 それでは当ブログでは恒例となった、アクセスランキングの発表です。

 (曲目リストはこちらのURLを参照↓)
    http://ameblo.jp/bsrs/entry-11664805308.html

 31曲の頂点となったはどの曲なのか!?

 まずはベスト10圏外からです。

★第11位  「ジャンク」 
★第12位  「ヴィーナス・アンド・マース/ロック・ショー」※
★第13位  「ハイ・ハイ・ハイ」※
★第14位  「ひとりぼっちのロンリー・ナイト」
★第15位  「ワイン・カラーの少女」※

★第16位  「アナザー・デイ」
★第16位  「マイ・ラヴ」※
★第16位  「ガールズ・スクール」※
★第16位  「グッドナイト・トゥナイト」※
★第20位  「アンクル・アルバート/ハルセイ提督」※※
★第20位  「007死ぬのは奴らだ」※

★第22位  「しあわせの予感」※
★第23位  「バンド・オン・ザ・ラン」※
★第24位  「エヴリナイト」
★第25位  「スパイ・ライク・アス」

★第26位  「ジュニアズ・ファーム」※
★第26位  「明日への誓い」
★第28位  「テイク・イット・アウェイ」
(※   →ポール・マッカートニー&ウイングス
 ※※ →ポール&リンダ・マッカートニー 無印はソロ名義)


 アクセスランキングの面白いのは、世間で名曲といわれているものが下位に沈んでしまうところ。

 意外な順位にビックリしている方も多いと思います。

 でも数字にあらわれているだけ、上記の曲はマシかもしれません。

 アクセス数を稼げなかった、不遇な3曲をご紹介します。

No.294  「故郷のこころ」 ポール&リンダ・マッカートニー
故郷のこころ



 アルバム『ラム』収録の「故郷のこころ」。『スリリントン』ヴァージョンでお聴きいただきました。

 (スリリントン(Thrillington)とは、1977年に発表されたパーシー“スリルズ”スリリントンによるクラシック音楽のアルバムである。パーシー“スリルズ”スリリントンとは実際はポール・マッカートニーの変名であり、パーシー・フェイスとデューク・エリントンに由来している。内容はポール&リンダ・マッカートニーのアルバム『ラム』をオーケストラ演奏でカヴァーしたもの)

No.290  「やさしい気持ち」 ポール・マッカートニー&ウイングス
やさしい気持ち



 ロンドン・シンフォニー・オーケストラによる、「やさしい気持ち」でした。

トリビュート・アルバム トリビュート・アルバムのタイトルにもなっているのに圏外とは……。

(トリビュート・トゥ・ザ・ミュージック・オブ・ポール・マッカートニー~やさしい気持ち Warm and Beautiful:A Tribute To the Music of Paul McCartney)

ディスク:1
1. バンド・オン・ザ・ラン(オウズリー)
2. マイ・ブレイヴ・フェイス(SR-71)
3. ジャンク(ケヴィン・ハーン&スティーヴン・ペイジ(ベアネイキッド・レディース),スティーヴン・ダフィー(ライラック・タイム))
4. ジェット(セミソニック)
5. ノー・モア・ロンリー・ナイト(メリーメイカーズ)
6. レット・ミー・ロール・イット(ロビン・ヒッチコック)
7. トゥ・メニー・ピープル(フィン・ブラザーズ)
8. ディア・フレンド(マイナス・ファイヴ)
9. エヴリ・ナイト(マシュー・スウィート)
10. ウォーターフォールズ(スローン)
11. マン・ウイ・ワズ・ロンリー(ワールド・パーティ)
12. カミング・アップ(ジョン・フェイ・パワー・トリップ)
13. メイビー・アイム・アメイズド(ヴァーゴス)
14. 歌に愛をこめて(ジュディバッツ)
15. やさしい気持ち(ライナス・オブ・ハリウッド)
16. ラム・オン(ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ)
ディスク:2
1. レット・エム・イン(スターベリー)
2. テイク・イット・アウェイ(ジェリーブリックス)
3. エヴリ・ナイト(マーク・バチーノ)
4. ディス・ワン(クリフ・ヒリス)
5. マイ・ブレイヴ・フェイス(スター・コレクター)
6. テンポラリー・セクレタリー(アンダーソンズ)
7. 夢の旅人(キーフ・ブルーワー)
8. ウィズ・ア・リトル・ラック(マスティケイターズ)
9. サムデイズ(フィル・キーギー)
10. ゲッティング・クローサー(マイケル・カーペンター)
11. メイビー・アイム・アメイズド(ガジェット・ホワイト・バンド)
12. 愛しのヘレン(シャザム)
13. オウ・ウーマン,オウ・ホワイ(レイ・ポール)
14. アナザー・デイ(チェリー・ツイスター)
15. バック・オン・マイ・フィート(コックアイド・ゴースト)

 ラストはこの曲。

No.291  「デイタイム・ナイトタイム」
       ポール・マッカートニー&ウイングス

デイタイム・ナイトタイム



 キャッチーなメロディだと思うのですが、ちっともアクセス数が伸びません。

 A面の「グッドナイト・トゥナイト」より、B面のこの曲の方を贔屓にしている管理人なのでした(感性が他の方とズレているのは自覚しています)。

 次回はベスト10の第10位から6位の発表、どうぞお楽しみに。

 ↓第1位を獲得したのは意外な曲。ドーム公演を観た方なら必ず耳にしてますが。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

THE DIG Special Edition ポール・マッカートニー[来日記念増補決定版] .../著者不明

¥1,470
Amazon.co.jp

ROCK JET (ロックジェット) VOL.53 (シンコー・ミュージックMOOK)/著者不明

¥1,260
Amazon.co.jp

CROSSBEAT SPECIAL EDITION ポール・マッカートニー (シンコー・ミュー.../著者不明

¥1,890
Amazon.co.jp

CROSSBEAT (クロスビート) 2013年 07月号/著者不明

¥840
Amazon.co.jp

Viewing all articles
Browse latest Browse all 271