Quantcast
Channel: kazukunの神出鬼没
Viewing all articles
Browse latest Browse all 271

サブブログ 「ビートルズ解散後のP・マッカートニー」最終結果発表②〔ウイングス〕

0
0

ポール ベース

10月のサブブログ『kazukunの神出鬼没 2』は、
   「ビートルズ解散後のポール・マッカートニー特集」

    http://ameblo.jp/bsrsbsrs/

 音楽ブログ版日めくりカレンダー、『kazukunの神出鬼没 2』。

 10月の特集は、「ビートルズ解散後のポール・マッカートニー」。

 11月の来日公演に便乗してみました。

 恒例のアクセスランキングBEST10、下位の発表です。

 (曲目リストはこちらのURLを参照↓)
    http://ameblo.jp/bsrs/entry-11664805308.html

★第9位  「ソイリー」 ポール・マッカートニー&ウイングス

 
 3枚組ライヴ・アルバム、『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』のトリを飾った「ソイリー」が第9位。

 未発表スタジオ・ヴァージョンでお聴きいただきました。オフィシャルにはライヴ・ヴァージョンでしかリリースされていません。

 シングル「マイ・ラヴ」のB面「ザ・メス」も、これまたライヴ・ヴァージョンのみ。

 スタジオ録音はオクラ入りしてます。

 「ザ・メス」 ポール・マッカートニー&ウイングス


 YouTubeのおかげで、ブートレグを入手せずに聴けるのは有難いったら。

 第9位はもう1曲。

★第9位  「マイ・ブレイブ・フェイス」 ポール・マッカートニー


 ポールといえども80年代後半は、セールス的にはイマイチでした。

 発表した作品もあまり良いとは思えず、管理人には低迷期と映りました。

 それを打破したのが、1989年リリースの「マイ・ブレイブ・フェイス」。

 どうやらエルヴィス・コステロとの共作が吉と出たようです。

★第8位  「ジェット」 ポール・マッカートニー&ウイングス


 名盤『バンド・オン・ザ・ラン』に収録。

 スタジオ・ヴァージョンも良い出来ですが、ライヴ・ヴァージョンも負けず劣らず。1976年のは最高です。

 メドレーで演奏されるケースが多い曲です。

★第7位  「ハートのささやき」
            ポール・マッカートニー&ウイングス



 初ソロ・アルバム『マッカートニー』収録時の邦題は、「恋することのもどかしさ」。

 前述のライブ・アルバムからのシングル・カットの際、「ハートのささやき」と題されました。

 フェイセス・ヴァージョンはいかがだったでしょうか?

★第5位  「ロケストラのテーマ」
            ポール・マッカートニー&ウイングス



 レッド・ツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズ&ジョン・ボーナム、ザ・フーのピート・タウンゼント、ピンク・フロイドのデビッド・ギルモア……という豪華メンバーによってレコーディングされた、ロック+オーケストラの“ロケストラ”

 ピート・タウンゼントはステージでも共演してます。「ルシール」「レット・イット・ビー」と併せてどうぞ。

★第5位  「愛しのヘレン」 ポール・マッカートニー&ウイングス


 ビートルズが現役の頃の米盤は、収録曲が英盤に比べ少ないのが当たり前でした。

 しかし「愛しのヘレン」は、米盤『バンド・オン・ザ・ラン』B面の3曲目に。オリジナル・アルバムには未収録です。

 日本盤は英盤に倣っていたので、ちょっと損した気分でしたね。

 残すはあと4曲です。

 ↓12月のサブブログは「ビートルズ解散後のジョン・レノン特集」。2/3を過ぎたところです。ジョンのアクセスランキング1位は、どの曲になるのでしょうか? まだ御覧になられてない方はこちらのURLを↓。
        http://ameblo.jp/bsrsbsrs/

ウイングス・オーヴァー・アメリカ/ポール・マッカートニー&ウイングス

¥3,800
Amazon.co.jp

バンド・オン・ザ・ラン/ポール・マッカートニー&ウィングス

¥2,200
Amazon.co.jp

Viewing all articles
Browse latest Browse all 271