Quantcast
Channel: kazukunの神出鬼没
Viewing all articles
Browse latest Browse all 271

サブブログ アクセスランキング ベスト10前半〔吉田拓郎/甲斐バンド〕

0
0
サブブログ 「kazukunの神出鬼没 2」 アクセス・ランキング
  12月「タイトルに“人名”が入った曲特集」 最終結果発表

    http://ameblo.jp/bsrsbsrs/

 サブブログ「kazukunの神出鬼没 2」、12月の特集は「タイトルに“人名”が入った曲」。

 恒例のアクセスランキング・ベスト10の発表です。

 まずは圏外の曲をご紹介。

★第11位  「サリー・G」 ポール・マッカートニー・アンド・ウイングス
★第11位  「ミス・アマンダ・ジョーンズ」 ローリング・ストーンズ
★第11位  「ロザーナ」 TOTO
★第11位  「傷だらけのローラ」 西城秀樹
★第15位  「そんなヒロシに騙されて」 高田みづえ
★第15位  「ローラ」 キンクス
★第17位  「マギー・メイ」 ロッド・スチュワート
★第17位  「ペギー・スー」 バディ・ホリー
★第19位  「ロクサーヌ」 ポリス
★第19位  「バイ・バイ・ジョニー」 ローリング・ストーンズ


★第21位  「五番街のマリーへ」 ペドロ・アンド・カプリシャス
★第21位  「エミリーはプレイ・ガール」 ピンク・フロイド
★第21位  「ヘイ・ジョー」 ジミ・ヘンドリックス
★第24位  「のっぽのサリー」 リトル・リチャード
★第25位  「SACHIKO」 ばんばひろふみ
★第26位  「ルイジアンナ」 キャロル


 ポール・マッカートニーは2曲エントリーしているのですが、「ジュニアズ・ファーム」のB面「サリー・G」はあと少しでベスト10入り。

 それにひきかえ「アンクル・アルバート/ハルセイ提督」、アルバム『ラム』を代表する曲なのにアクセス数はちっとも伸びませんでした。

 知名度は後者が圧倒的だと思うのですが、ここがサブブログの面白いところですね。

 どなたもツッコまないのですが、第21位「エミリーはプレイ・ガール」(ピンク・フロイド)という邦題はあんまりじゃないかと。

 このタイトルを付けた担当者は、彼等が後にビッグ・ネームになるとは思いもしなかったのでしょう。

 60年代にはありがちなのかも。

 それではアクセスランキング・ベスト10、第9位から6位の発表です。

★第9位  「安奈(ライヴ・ヴァージョン)」 甲斐バンド


★第9位  「シェリーに口づけ」 ミッシェル・ポルナレフ


★第7位  「かわいいキャロル」 チャック・ベリー

 (with キース・リチャーズ)

★第7位  「裏街のマリア」 吉田拓郎


★第6位  「いとしのレイラ」 (デレク・アンド・ドミノス)
kazukunの神出鬼没-いとしのレイラ


 (エリック・クラプトン エルトン・ジョン [Live from Tokyo 1988])

 第7位「かわいいキャロル」は、チャック・ベリーとキース・リチャーズの共演。いきなり弾き方がなってないと、チャックにダメ出しされるキース。

 尊敬するチャック・ベリーなので、素直に従ってます(笑)。ロックの世界も年功序列!?

 同じく第7位の「裏街のマリア」、日本では数少ない2枚組アルバム『ローリング30』からの1曲です。

 秀逸なアレンジは後藤次利さん。沢田研二さんの「TOKIO」で編曲の才能が開花し、後に作曲家としても大活躍しました。

 1978年の後藤さんは、アイドル・木之内みどりさんとの逃避行で一躍時の人と。

 第6位「いとしのレイラ」は、エリック・クラプトン25周年記念ライヴから(東京ドーム)。

 エルトン・ジョン&マーク・ノップラーがバックという、超豪華なステージでした。

 後半へ続く。

 ↓貴方のお好きな曲は何位でしたか? 上位5曲の発表をお楽しみに。
にほんブログ村 音楽ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

甲斐バンド ベスト&ベスト KB-57/甲斐バンド

¥1,680
Amazon.co.jp

ポルナレフ・ベスト/ミッシェル・ポルナレフ

¥1,980
Amazon.co.jp

ベスト・オブ・チャック・ベリー/チャック・ベリー

¥1,800
Amazon.co.jp

ローリング30(紙ジャケット仕様)/吉田拓郎

¥3,300
Amazon.co.jp

いとしのレイラ/デレク・アンド・ドミノス

¥2,200
Amazon.co.jp

Viewing all articles
Browse latest Browse all 271