Quantcast
Channel: kazukunの神出鬼没
Viewing all articles
Browse latest Browse all 271

サブブログ 「エリック・クラプトン特集」 最終結果発表〔クリーム/ドミノス〕

0
0

kazukunの神出鬼没-プレイヤー 表紙

サブブログ 「エリック・クラプトン特集」
             アクセスランキング 最終結果発表

           http://ameblo.jp/bsrsbsrs/

 サブブログ『kazukunの神出鬼没 2』での特集、初のソロ・アーティストだったのがエリック・クラプトン。

 エリック・クラプトンは今年デビュー50周年を迎えました。

 誕生日のあった3月は、一カ月まるごと彼を特集。

 ヤードバーズからの長いキャリアを、一まとめにできたでしょうか!?

 それでは恒例のアクセスランキング・ベスト10の発表と参りましょう。

 まずは10位圏外から。

★第12位  「コカイン」 エリック・クラプトン
★第12位  「ファーザー・オン・アップ・ザ・ロード」 エリック・クラプトン
★第14位  「バッド・ラヴ」 エリック・クラプトン
★第15位  「ヤー・ブルース」 ダーティー・マック
★第16位  「ホワイト・ルーム」 クリーム
★第17位  「サワー・ミルク・シー」 ジャッキー・ロマックス
★第17位  「フォー・ユア・ラヴ」 ヤードバーズ
★第17位  「プレゼンス・オブ・ザ・ロード」 ブラインド・フェイス
★第20位  「ワンダフル・トゥナイト」 エリック・クラプトン
★第20位  「オール・ユア・ラヴ」 ジョン・メイオールズ

★第22位  「アート・オブ・ダイイング」 ジョージ・ハリスン
★第23位  「泣きたい気持ち」 ブラインド・フェイス
★第23位  「チャンジ・ザ・ワールド」 エリック・クラプトン
★第23位  「レット・イット・グロウ」 エリック・クラプトン
★第26位  「リトル・ウイング」 デレク・アンド・ドミノス
★第27位  「マザーレス・チルドレン」 エリック・クラプトン
★第28位  「バッヂ」 クリーム
★第29位  「フォーエヴァー・マン」 エリック・クラプトン
★第30位  「ブラウン・シュガー」 ローリング・ストーンズ


 31曲中30曲がランクイン。

 数字に現れなかった哀れな曲は、ボブ・マーリー作「アイ・ショット・ザ・シェリフ」(涙)。

 レゲエというジャンルを世界的に広めた名曲なのですが、サブブログでは人気薄もいいところ。

 同じ傾向の「天国への扉」が上位にあるので、レゲエというジャンルが毛嫌いされているわけでは。

 どうしてこんなに不人気なのか、不思議でなりません。

 お待たせしました、第10位から6位の発表です。

★第10位  「サンシャイン・ラヴ」 クリーム


 音質はイマイチですが、カラーなのは貴重な映像かと。おそらくフェアウェル・コンサートの模様でしょう。

 イギリス ロイヤル・アルバート・ホールで、1968年11月に行われました。

第10位  「いとしのレイラ(アコースティック)」 エリック・クラプトン


 冒頭の挨拶でわかるように、日本武道館のステージからの映像です(1997年)。

 『MTVアンプラグド』は、一流アーティストによるアコースティックを基調とするライヴ。

 その番組で評価を一段と高めたのが、エリック・クラプトン。アコギでもその存在感を見せつけてくれました。

 「いとしのレイラ」はその白眉といっても。

★第8位  「ベル・ボトム・ブルース」 デレク・アンド・ドミノス


 映像は1990年のライヴより、オーケストラをバックに演奏してます。

 オリジナルは、ダブル・アルバム『いとしのレイラ』に収録。

 この歌もジョージ・ハリスン夫人パティを思って作られました。

★第8位  「アンダー・マイ・サム」 ブラインド・フェイス


 ブラインド・フェイスのデビューは、10万人を集めたハイド・パークでのコンサート。

 元スペンサー・ディヴィス・グループ/トラフィックの、スティーヴ・ウィンウッドがヴォーカルです。

 「アンダー・マイ・サム」はアルバム未収録、ライヴでしか音源が残されてないという貴重なヴァージョン。オリジナルはローリング・ストーンズです。

 映像では「キャント・ファインド・マイ・ウェイ・ホーム」も聴けます。

★第6位  「クロスロード」 クリーム


 ロバート・ジョンソンの名カヴァー、「クロスロード」は第6位です。

 「サンシャイン・ラヴ」同様、フェアウェル・コンサートからの映像。

★第6位  「スプーンフル」 クリーム


 クリームはブルースをジャズのように演奏したグループ、長時間演奏といえばこの「スプーンフル」です。

 サブブログにUPしたヴァージョンは、何と20分を超えてます!!!!!

 メインは15分弱ヴァージョンですが、最後まで聴き終える方がどれくらいおられるでしょうか?

 お時間に余裕がある時にクリックなさって下さい。

 続く。

 ↓4月のサブブログは「涙と泣きの曲」特集。ハンカチを用意して(笑)、ブログを覗いてみては。
           http://ameblo.jp/bsrsbsrs/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

アンプラグド~アコースティック・クラプトン [DVD]/エリック・クラプトン

¥2,940
Amazon.co.jp

クリームの素晴らしき世界/クリーム

¥2,400
Amazon.co.jpいとしのレイラ/デレク・アンド・ドミノス

¥1,680
Amazon.co.jp


追記

 半世紀少年さんから寄せられたコメントをご紹介。

    「アイ・ショット・ザ・シェリフ」は
    1991年ツアーの音源
    または2004年だったか
    ドイル・ブラムホールllと一緒にギター弾きまくったバージョンを聞けば順位は絶対に変わるはずと思う


 YouTubeで上記のヴァージョンを捜してみました。

 こちらで宜しかったでしょうか?

 「アイ・ショット・ザ・シェリフ」 エリック・クラプトン


 2006年武道館の「リトル・ウイング」も併せて(隠し撮り)。

 「リトル・ウイング」 エリック・クラプトン


 どちらも名演ですね。半世紀少年さん、有難うございました。

Viewing all articles
Browse latest Browse all 271